11/1 八女市長候補 のだとしこ 出陣式

【本人決意表明・全文書き起こし】#八女市長候補 #のだとしこ #出発式 #決意表明 2020/11/1@鉄道記念公園【シェア熱烈歓迎・カメラ撮影個人編】

八女市長候補 のだとしこ 八女市政にかける、熱い熱い想いと決意を述べさせていただきます。

 

【全文書き起こし】
皆さんこんにちは野田とし子でございます。この八女市長選挙への出馬に際し私は本当に悩みました。そのことが出遅れの原因となったことは事実でございます。今八女市の現場・真実は一つ隠されていた真実、マスコミも書き始めましたし、また野田ももうしました。私も福岡県議会議員として皆様にお知らせさせていただき、県の財政課及び市町村支援課色々見てきて、このままで本当に大丈夫なのか、心配をしていたのは事実です。

 

今、今変えなければ本当に大変なことになります。私は貯金が財政調整基金という市の自治体の貯金に当たるお金が2億円しかなかった、八女市の財政再建をしてきた夫のそばで妻としてみてきておりました。本当に大変でした、もう倒産寸前の会社を立て直さなきゃいけない、しかし今それ以上になっている久留米市も先生大変ですよね、実は福岡県も大変です。

それはコロナ渦災害が多発する中予定していなかったお金が必要になるんですよ、それが事実でございます。渦中の栗を拾う役目そして茨の道を歩く役目が私にできるのか悩みました。しかしやはりオープンで開かれた、フェアーで公正でクリーンな清潔な市政、そして何より元気なパワーで、そしておしゃれな市に、今建て直していかなければ、未来の子供達に大きなツケを与えることになる。私はそのことを心から心からそうなってはならないということを決意し立候補表明が遅れましたが、いたしました。ありがとうございます。

 

財政を見直さなければなりません。そして皆様が必要な目の前にある事業を向けていきたいと思っております。大きな大型公共事業は一旦凍結しますが、きちんと見直します。財政再建をして見直して参ります。そして何より未来の子供達へのための投資であります。義務教育の給食の無償化のも取り入れなきゃいけませんし、また未来の子供達の高校生のまでの医療費も無償化も検討していきたいと思っております。

 

そして皆様のお孫様達ですよね、それ皆さん子供達につけを残したら恥ずかしいじゃないですか、そして今コロナ渦で農業も商業も大変です。特にお茶、ごめんなさい電照菊です。本当にここも手を入れていかなければなりません農業問題、私は農業の家に嫁ぎお茶農家に嫁ぎましたので、私の課題でもあります。

 

次の世代に子供達に継がせるためにはやはり儲かる農業を考えていかなければなりません、商業もそうです、 伝統的産業もそうです。じゃ儲かるためには何か食卓に何をあげるか何を買おうかどこに行こうか、皆さん決めてるのは女性でございます。女性の好みをしっかり分析して、これだったら女性が食卓にあげてくれる、そしてここの八女市に来てくれる、そんな魅力なものを私はきちんと検証していきたいと思っていますたくさんの観光資源ございます、そこを見直し大きな私の夢ですけど星野リゾート誘致したい、これも実現していきたいと思っております。

 

それから3号線バイパス問題もございました市民に説明ができないような、都市計画、八女市の計画、何するんでしょうか市民納得度日本一の私は市政を目指して参ります。そして人が女性が輝き高齢者の皆さん障がい者の皆さんの基本的人権を守り、良い場所と出番がある八女を作ってまいります。

 

渦中の栗を拾う、茨の道のあるという、この選択を「のだとしこ」私はいたしました。

そのためには必ず今、今当選しなければなりません。四年後では大ごとなんです。選挙は皆様方ここに来て下さってる方々もまた今日来てくださらなかった方もいらっしゃいますが、皆様のお声かけ「のだとしこ」を頼む「のだとしこ」を頼む。そのお声かけが重なることでこの一週間私は必ず当選に向けての一歩に近づくと確信しております。

 

小職は本当に孤独な孤独な、決断を強いられ大丈夫なのか、大丈夫でございます。

「のだとしこ」を信じてください私は必ず皆さんから託されましたら、必ずやり遂げてみせます。「のだとしこ」最後の最後まで応援をよろしくお願いいたします。八女市を元気に、新しい風を吹かせ、八女市のイメージを変えてまいります。どうぞ最後の最後まで「のだとしこ」のご声援、ご声援よろしくお願いいたします。頑張ってまいります。ありがとうございました。